So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

AERAに「ふくしまをつくる」特集 [関連情報]

私は読みたい連載があって、毎週「AERA」を買っています。少し前、目次の裏ページに「ふくしまをつくる」という特集ページがあることに気づきました。毎週ではなく、たぶん月初めの号に掲載されているようです。

私がみつけた記事を紹介します。

◆ふくしまをつくる05(AERA 2017.9.4号
 Jビレッジ再始動 地域の誇りを復興の原動力に
EPimg149ふくしまをつくる05w300.jpg
福島県双葉郡つくられた日本初のサッカーナショナルトレーニングセンター「Jビレッジ」が東日本大震災の収束拠点の役割を終えて来年夏から一部再開、再来年春には全面営業再開するとのこと。

◆ふくしまをつくる06(AERA 2017.10.9号
 躍進するふくしまの酒 人の思い、風土が豊かな味を醸す
EPimg148ふくしまをつくる06w300.jpg
福島の伝統文化である酒造りを守ろうと県が「うつくしま夢酵母」を開発、作り手の養成にも取り組んでいる。福島の酒は全国新酒鑑評会で5年連続金賞受賞数日本一になっているという。

◆ふくしまをつくる07(AERA 2017.11.6号
 鉄腕アトムのいる未来へ 福島で花開くロボットの夢
EPimg147ふくしまをつくる07w300.jpg
福島県では震災後ロボット産業の動きが活発化し、政府も「浜通り」地方をロボット産業の一大拠点にする方針を発表。時代が求める鉄腕アトムのような人支援ロボットに向けた技術も開発されつつあるようだ。

◆ふくしまをつくる08(AERA 2017.12.4号
 未来のために何ができるか 「希望と学び」を得る旅ホープツーリズム
EPimg146ふくしまをつくる08w300.jpg
「これからの日本はどうあるべきか。未来のために何ができるのか。そこに背を向けずに考えて欲しい。」と福島県で「ホープツーリズム」という学びのツアーが始動。灘高の教員として震災後に生徒を連れて東北合宿をした経験を持つ前川直哉氏が「ふくしま学びのネットワーク」理事として企画・運営をしているとのこと。

この特集が今後も続くのかどうかもよくわからないのですが、AERAの月初めの号を見かけたら「ふくしまをつくる」が載っているかも知れないのでぜひ手に取ってみてみてください。

「ふくしまをつくる」の問合せ先となっている福島県の公式サイトにはこの記事について書かれているページが見当たらなかったのですが、AERAの記事下に表示された問合せ先を記載しておきます。


◆「ふくしまをつくる」問合せ先
 福島県
  https://www.pref.fukushima.lg.jp/
  広報課 024-521-7014

nice!(0)  コメント(0) 

「信念を貫き通した会津藩士 秋月悌次郎」発行 [会津関連情報]

T.Akiduki_2017-10-28 14 51 40.jpg
会津会の幹事会で、秋月悌次郎顕彰会発行の小冊子「信念を貫き通した会津藩士 秋月悌次郎」が紹介されました。戊辰戦争150周年記念企画として、秋月悌次郎について理解を深めてもらう目的でこの冊子を作ったそうです。

目次
 発刊のことば
 1 秋月悌次郎の生い立ち
 2 会津藩校日新館と悌次郎
 3 江戸最高学府の舎長となった悌次郎
 4 戊辰戦争と悌次郎
 5 戦後処理を行った悌次郎
 6 北越潜行の詩
   畑敬之助前会長の第18回碑前祭祭文
 7 教育者としての悌次郎
 8 神のような人と言われた悌次郎
 秋月悌次郎の略歴
 秋月悌次郎顕彰会のあゆみ
 秋月悌次郎顕彰会会歌「武士(もののふ)悌次郎」
 悌次郎に寄せて
 関連マップ
 あとがき


参考にと回覧していただき、欲しい人は持ち帰ってよいとのことだったので1冊いただいてきました。読んでみると、秋月悌次郎がとても成績優秀で、教育者としても人柄も素晴らしい人で、会津藩のために各地を奔走して尽力した様子も書かれていました。熊本五高でともに教鞭をとっていた小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は秋月悌次郎を尊敬し、「神のような人」と呼んでいたそうです。

この冊子についてご興味のある方は、発行者である秋月悌次郎顕彰会に問い合わせてみてください。

◆「信念を貫き通した会津藩士 秋月悌次郎」
 発行者 秋月悌次郎顕彰会
 事務局 965-0826 会津若松市門田町大字御山字村中242-1
    TEL 0242-26-2855

nice!(0)  コメント(0) 

会津会の幹事会(平成29年度第4回)に出席しました [会津会]

かなり時間が経ってしまいましたが、9月8日(金)11:30からの会津会幹事会の報告をします。

私は今年会津会幹事にしていただいたのですが、幹事会ははじめての出席となりました。14〜5人くらいかなとイメージしていたらとても大きな部屋で、なんと幹事は94人いてこの日の参加者は40人ほどだったそうです。びっくりしました。



続きを読む


タグ:会津会
nice!(1)  コメント(0) 

旬食福来 [会津の食べ物]

syunsyoku.jpg
楽天市場で買い物していたら、「まち楽 旬食福来 ふくしまプライド。体感キャンペーン」というページをみつけました。今は第2弾ということで夏野菜や果物、米などが紹介されています。こんな特集ページがあるとは知りませんでした。これからよくみてみようと思います。

第二弾の割引クーポンの配布はすでに終了していますが、10/16から第3弾が開催される予定とのこと。要チェックですね。

◆楽天市場
 まち楽 旬食福来 ふくしまプライド。体感キャンペーン

nice!(0)  コメント(0) 

「会津ブランド認定品物産フェア」が開催されます(7/14〜15) #会津 [イベント情報]

会津会から会報とともに「会津ブランド認定品物産フェア」の案内が届きました。全国新種鑑評会金賞受賞酒の試飲をはじめ、会津の食品や伝統工芸品などが盛りだくさんとのことです。会津にゆかりのある方もない方も、是非おでかけください。

会津ブランド認定品物産フェア
日時 平成29年7月14日(金)・15(土)
   10:00〜18:00(15日は16:00まで)
場所 ブリッジにいがた
   東京都中央区日本橋1-6-5
   だいし東京ビル1F
  (東京日本橋三越前)

主催 会津ブランド推進委員会(会津若松商工会議所内)
   http://aizubrand.shop-pro.jp/
   TEL 0242-27-1212


「会津会々報」が届きました #会津 #会津会 [会津会]

Aizukai_kaiho_2017-07-03 2 36 40.jpg
6月末日に「会津会々報」が届きました。3月1日に、会津会会長の伊藤文大氏が逝去されたことから、巻頭には会長代行の柳澤秀夫氏(NHK解説主幹)をはじめ、ゆかりの方々からの追悼文が寄せられています。

会報はA5サイズながら、厚さは1cm近くあり、会津の歴史や文化などについて文章が載せられていて読み応えがあります。目次は会津会公式ホームページで見ることができます。

◆会津会公式ホームページより
 第123号会津会会報を発行しました

公式ホームページでは活動内容や入会案内などもあります。ご興味のある方は是非ご覧になってみてください。

◆会津会公式ホームページ
 http://www.aizukai.com/


え?私が会津会の幹事に? [会津会]

前回の記事からずいぶん長い時間が経ってしまいました。ここ1年半ほど、夫とともにうちの猫の介護をしておりまして、後半は1日4回つきっきりでごはんを食べさせ、おむつ交換するなど、慌ただしく過ごしていました。先月、その猫がおよそ19歳半でこの世を去りました。寂しいですが、精一杯生きてくれたと思っています。それからしばらく経ち、これまでできなかったことを少しずつ再開しようとしています。このブログもまた更新していけたらと思っています。

話は変わりますが、タイトルの通り、私は会津会の幹事を仰せつかりました。今年の会津会の新年会で、会津会の広報委員会の委員長のY氏とお会いした際、私がブログを開設していることから、「会津会の公式サイトの運営を手伝って欲しい」とお声をかけていただきました。公式サイトはすでにできているので、入力等のお手伝いならと思い、気軽にお引き受けしたのですが、3月下旬の幹事会で幹事に推薦され、承認されたとのことでした。とても驚きましたが、私に出来ることをしっかりつとめていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

新島八重と日本女子大(桜楓新報より) [関連情報]

日本女子大学には、卒業生の会である桜楓会(おうふうかい)があり、さまざまな事業を行っています。私も同校の卒業生で、桜楓会員です。最近、会員向けの会報である「桜楓新報」の最新号(2016年12月10日発行、第746号)が届いたので早速読んでみたところ、新島八重さんが日本女子大学を訪問して講演したことについて書かれている部分がありました。「私を語る」というコーナーの第10回がそれです。

内容は、歴史に関心のある著者が、恩師からの情報により、「桜楓新報」の前身である「家庭週報」の記事から新島八重さんが日本女子大学を訪問した際の様子を知ることができたというものです。著者については詳しい情報はありませんが、桜楓会郡山支部から講演を依頼されたとのことなので、福島にお住まいの方かも知れません。

桜楓新報自体は、ウェブ上では公開されていませんが、「私を語る」シリーズは桜楓会の公式サイトで読むことができます。

◆桜楓新報(2016年12月10日発行、第746号)より
 「私を語る」第10回

続きを読む


銀座で福島産直市が開催されます(12/9〜10) [イベント情報]

F_sanchoku_s_2016-12-04 20 27 35.jpg
クリックで拡大画像表示

しばらく更新できていなくてすみません。

先週末、銀座に出掛けた時にみつけたポスターがこれです。「福島産直市」の案内です。

 開催日時 12/9(金)12:00〜20:00
      12/10(土)11:00〜17:00
 場  所 東京メトロ銀座駅地下1階 日比谷線コンコース

ご都合のつく方はぜひお出掛けください。

◆主催の「ふくしま⇔東京キャンペーン」公式サイト
 http://www.soumu.metro.tokyo.jp/17hisaichi/fukushima_tokyo/index.html

◆東京メトロの公式サイトの「福島産直市」のページ
 http://www.tokyometro.jp/news/2016/157516.html

会津の新米、届きました [会津の食べ物]

mizuho_k_2016-09-04 12 13 43.jpg
予定通り9/1に会津産新米「瑞穂黄金」が届きました。

荷物の中に「お米の全量全袋検査を実施しています。」というリーフレットが入っていました。「ふくしまの恵み」というサイトに詳しい情報があります。お米に関してはこちらで、「放射性物質検査情報」が公開されています。これなら安心して食べることができますね。

◆ふくしまの恵み
 https://fukumegu.org/ok/contents/

kome_lavel_2016-09-04 12 13 43.jpg
この精米ラベルが安全の証。購入したお米にもちゃんとついていました。安全安心な福島のお米をおいしくいただきたいと思います。


タグ:会津坂下町
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。